ツキノワグマが再び死亡事故を起こす


長野県下伊那郡大鹿村で、またツキノワグマによる死者がでた。
キノコ採りにでかけた71歳になる男性が帰宅せず、捜索したところ「白沢山」で頭に大怪我をして死亡していたのだ。
顔などにはツキノワグマの爪あとが残っていたというから、襲われその反動で山の斜面を転落して頭を強打したにちがいない。
キノコ採りは、ひっそりと行動するから、ツキノワグマに不意打ちをされたのだろう。
現場となった山は別の動物の関係でボクもよく出かけていた場所でその急傾斜と険しさを知っているだけに、状況がある程度読みとれる。
しかも、その山はツキノワグマが普通に生息している場所でもあるからだ。
これで、長野県下だけでも今年に入ってツキノワグマによる死者は2人。片目を失明するほどの大怪我を負った人を含め、襲われた人は10数名になる。
このようなニュースを聞くたびに、日ごろのボクのフィールド歩きも慎重にならざるをえないと思っている。
とにかく、5歩進んでは周囲を見渡し、10歩進んでは再び山ガマに力をいれるといった行動を山中ではとっているからだ。そのくらい、ツキノワグマは身近に感じられるし、ときには背筋に寒さを覚えることも少なくない。
折りしも、長野県はツキノワグマ猟を自粛するように全県下の猟友会に異例の要請をした。
それに、猟友会も応えるかたちになった。
理由は、今年度(9月25日まで)だけでツキノワグマの捕殺数が232頭に達しているから、県が保護管理計画で定めている年間捕獲数150頭を大幅に超えているからだ。
長野県内に生息するツキノワグマは、1300~2500頭と推定している。
目撃情報が増えているが、依然として絶滅の恐れがあるという。
山岳、山林野が大多数を占める長野県下にこの2500頭が多いか少ないかはわからないが、どのようにして数をはじきだしているのだろうか。
その調査方法をぜひ知りたい、と思っている。
少なくも、ここ3年間のツキノワグマの動きを体験的にボクが分析するには、ドングリなどの実り具合に関係なく活発化してきていることは確かだ。
このため、ツキノワグマの目撃や出没遭遇、事故はこのまま終焉に向かうとは思っていない。
ツキノワグマの事故は、今後減少はないにしても増加していくであろうと予測しているからだ。
来年、再来年のツキノワグマの動向をみてみれば、これまでの「ドングリ論」「針葉樹人工林論」「奥山からの下山論」「ゴミ問題論」「学習放獣」…など、人間だけに都合のよいオブラートで包んだ自然保護論を展開してきた人たちの論調を楽しみにしている。
また、これほどツキノワグマが活躍してくれると、私たちを含めた一般人の自然界に対する認識も変わらざるをえないから、ある意味ではいまのツキノワグマの動向をボクは歓迎もしている。
それは、行政も、研究者も、専門家も、一般人も、自然に対して本気にならざるをえなくなるきっかけともなるからだ。
写真:深夜出没してくるツキノワグマは、まったく足音も立てずにいきなりやってくる。ゴム鞠のように柔らかな手足の肉球が消音効果となっているのだが、そこに隠された爪は最大の武器でもある。

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

ツキノワグマが再び死亡事故を起こす への10件のコメント

  1. クワ より:

    一回しかヒグマを見ていませんが、ビックリしたのはでかい図体のくせに物音ひとつさせないこと。
    動きもしなやかで素早く、恐ろしいと思いました。

  2. 土生 より:

    笹薮を歩いてもほとんど音がしないんですよね。
    体毛が音を消し、肉球がクッションとなり・・・
    まるで忍者のようです。
    対峙したときの迫力は、何回経験しても心臓が飛び出しそうになります。

  3. gaku より:

    夜間撮影をしていると、それはそれは緊張の連続です。
    とにかく、暗闇の黒い体は人間よりクマのほうが絶対に有利だからです。
    それが、音もなく忍者のように静かに移動をしているのですから、その動きを読まなければ撮影にはなりません。
    そのうえで、ピント、構図などの決定をしながらシャッターを押す。
    まさに神技を要求されますので、プロとしてこの上もない被写体だと思っています。

  4. OIKAWA より:

    僕は、この前までパプアニューギニアに住んでいたのですが、この記事を拝見し、パプアのことを思い出しました。パプアでは、よく人間がワニに食われ長いことワニの事を敵対視して生息数は減少をしていましたが、最近、また増えだしているそうです。なぜかというと、ワニ皮が売れるため、ワニが現金収入元になり村の人が、保護しているらしいのです。日本では、こういった問題が多く取り上げられていますが、今後どのように対処するか見ものです。

  5. gaku より:

    oikawaさん、いい情報をありがとうございました。
    日本でもツキノワグマは胆がグラム1万円が相場なので、「金」になるハズです。
    oikawaさんといえば、
    DCMで写真審査したこと記憶にあります。
    たしか住所がパプアニューギニアだったと思います。

  6. 4月までパプアにいましたが、今は日本にいます。
    でも11月からは、中米のホンデュラスに行きます。何度か、DCMには応募させていただいた事があります。覚えてくださっていてありがとうございます。僕は、仕事で途上国と言われる国に行きますが、こういった国で環境保全を考えるなら、環境保全でどうやって金をもうけるかと言う事が一番の近道だと考えています。パプアでは、ランの保護を目指しエコツーリズムをどう行うか検討してきましたが、まだまだ難しいと言うのが結論です。ワニのように簡単にお金に結びつけば言いのですが今ひとつです。ワニの件で付け加えるとワニ養殖業者が村人から卵を買い付けそれを養殖しています。村人は、根こそぎ取ると取れなくなるのを解っていて、自分たちで取る量をコントロールしているわけです。
    http://blog.goo.ne.jp/oikawa_12/e/4ca2d92c29a46be12a0f45473455686d

  7. はな より:

    OIKAWAさん はじめましてホームページ開いて驚きました、おきにいりに入れてます、北浦の自然楽しみでした、これからも楽しみに遊びに行きます(^_^)。カメラ初心者塾生のはなと申します。

  8. はなさんはじめまして。私のブログにご訪問いただきありがとうございます。地味なブログですが、なるべく毎日更新を目指しています。もうすぐ日本を離れますがブログは継続していきますので、今後ともよろしくお願いします。

  9. クワ より:

    ニューギニアでの食用クスクスや食堂に寄生するクロトキ ? などは鮮明に覚えています。
    OIKAWAさんが中米から発信されるのが楽しみです。

  10. OIKAWA より:

    クワさん
    ご訪問いただきありがとうございました。ホンデュラス編がもうすぐ始めリますのでこれからもよろしくお願いします。gaku先生コメント欄、私用に使わせていただき申し訳ありませんでした。