ツキノワグマの下半身で生息構成がみえてくる

20201027
ツキノワグマの股間を見せてもらうから「マタミール」。
この撮影は、真面目でとても大切なこと。
しかも、高度なロボット撮影技術をもちあわせていないと不可能である。
何故にこのようなことを思いつき実行したかといえば、日本の自然界でのツキノワグマの生息構成を少しでも解き明かしたい、と考えたからだ。

ツキノワグマの下半身を撮影すれば、雌雄判定どころか、とくにメスの年齢構成が分かる。
これによって、出産経験があるのか育児中なのか処女なのか…が一目瞭然だからだ。
成獣が出産を続けながら繁殖予備群となる若いメスがどんどん加わっていけば、ツキノワグマは増加に向けて上潮にあると考えられるからである。
こうした考えのもとで撮影したのがイマから10年前(2010年)のこと。
結果は、若いメス個体が当時からたくさん加わっていた、ということである。

ドングリが豊作で2年前にツキノワグマの「ベビーラッシュ」があった。
だから、今年(2020年)は若い熊が里にたくさん出てくるのだ…。

このようなニュースがまことしやかに流されているが、これには極めて疑問符がつく。
10年も前からツキノワグマの下半身「マタミール」撮影を丁寧にやってくれば、まやかし発言なんてできないからである。
ドングリに関係なく、エビデンスで語るツキノワグマの構成図。
これこそが、イマもっとも必要とされるツキノワグマの生息構造を視覚言語化できる。

ツキノワグマは、確実に猛烈に増えている。
写真で何ができるか写真家は何をやるべきか、まだまだ考える日々が続く…。

このような撮影を続けることで、ツキノワグマの雌雄や年齢構成がみえてくる。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。