ツキノワグマが柿を食うというけれど…

20201108

「昔はなぁー 熊が柿の木に登ってなぁー 柿を食いに来たでなぁー
 夜になると来るから、オラは縁側に座って待ってただぁー
 満月の明かりで熊を見定めて、村田銃一発で仕留めたものさぁー
 熊の肉は柿の木の持ち主と山分け、毛皮と胆は高く売れたでなぁー」

いまから50~60年前には、長野県伊那谷のツキノワグマは確かに柿の木に登って「柿」を食っていた。
だから、老いた猟師にも美味しい仕事があった。
夜撃ちはご法度だが、のどかな時代…だった。
それが、イマでは柿を食うツキノワグマは皆無ないしは極々「稀」となっている。
それでも、ツキノワグマは猛烈に多い。
これは、何を意味するものだろう…か?

それなのに、日本海側や他県一部地域では柿を食うツキノワグマがいる。
しかも、ドングリから話題が移って放置「柿」を全国的と語る研究者や専門家、マスコミ、行政…が出てきた。

長野県伊那谷には、イマもいたるところに「放置柿」がある。
たくさん柿があるのに、ツキノワグマはスルーして行く。
イマドキのツキノワグマを語るには、二手も三手も先を読まなければならないのだけれど。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。