ツキノワグマに襲われて重傷


9月20日の朝、登校中の中学生男子生徒が長野県小谷村でツキノワグマに襲われた。
顔などに重傷を負って入院中だったそうだが、最近になって退院をされたようだ。
2ヶ月におよぶ入院生活の長さからいっても、たいへんな被害だったことがうかがえる。
このあいだにも、PTAなどを中心に募金活動が行われていたことは、地元長野県内の新聞などで報道されていた。
医療費ばかりか本人や家族にはかりしれない悲しみをもたらしたのに、
「熊は希少動物だから殺してはならない」
「襲われたのは歩いていたほうが悪い…」
などといった、動物愛護団体などに属する人たちからの電話が村役場に殺到していたようだ。
都会で「通り魔」が人を刺したりすれば大ニュースとなって犯人を憎むが、長野県などの山間地ではまさにツキノワグマが「通り魔」なのである。
都会と地方との自然に対する認識の違いがこれほど極端に出ることにボクは驚きを禁じえなかったが、現代人という動物ほど自然をきちんと理解できていないのだなとも思った。
そのためにも、自然界の報道写真家として今日起きている自然界の事実を正確に伝えなければならないと強く感じた。
これを、昨日は山梨県の清里であった講演会で話した。
「フクロウ」を知るためにボクを呼んでくれた団体(八ヶ岳自然クラブ)なので、自然界のフクロウのことを話したのだが、自然界は大きな時間軸でフクロウからツキノワグマまで「樹洞」めぐりでつながっていることを伝えたのだった。
その流れで、上記の募金活動のことを聴衆につたえたら、講演会終了後にはなんと「47,253円」もの募金があつまった。
まさに感謝の気持ちで一杯だったが、このように善意で自然界をきちんと理解しようとしている人たちにはボクの技術は惜しみなく伝えていきたいと思った。
ここで再び繰り返すが、ボクは動物愛護派でも狩猟派でもない。
しかし、すべての生物は好きである。だから、すべての生物の生活史を知りたいし、それにいたるまでのプロセスが楽しいからやっているだけである。
だから、ツキノワグマのことをほんとうに調べたいという気持ちのある人には、それなりにボクの技術だって伝えることはできる。
動物愛護団体の人たちがツキノワグマの生命を救おうとしていることは分かるが、その前に野生のツキノワグマのことをもっと「知る」ことからはじめても遅くないと思う。
■募金先■
大北農業共同組合 
おたり支所 
口座:普通0001097
名義:小谷中学校PTA募金口座
※11月30日に、この口座はいったん閉じられるそうです。
写真:ツキノワグマはときにはぞっとするような表情を見せるときがある。前足の爪は強力な破壊力をもっている。

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。