自然環境診断士


★ 6月11日
健康をテーマにテレビCMを全国展開しているある企業の課長から電話がきた。
旧来からの知り合いだったので、冗談ジャブやってから本題へ。
課長 『gakuさん、ウチの会社の林に小鳥用に設置した巣箱にムササビがはいって、
    その巣箱の底が抜けそうだけど、どのように補強したらいいもんズラか?』
gaku 『ちょうどこれから会社の前を通って仕事場へいくから、そちらへ立ち寄って確認するよぅ』
そんなことで、ムササビが入っているという巣箱を見れば、そんなに重傷ではなかったのでまだ1年以上も大丈夫と判断。
久しぶりだったので課長と社員喫茶でコーヒーを飲み、新たにムササビの巣箱をつくり、その天井に赤外線カメラを設置することを提案してくる。
この企画が通り、若干の仕事がボクのところにくることとなった。
★ 6月12日
携帯に、知人のタダさぁーから電話。
タダ 『gakuさんよぅ、オオタカって今頃はどんな生活してるぅ?』
gaku 『おお、いま、ちょうど子育て中だぁー
    そぅよなぁ、産毛が抜けそうなくらいになっているぞぅー』
タダ 『じゃあ、いま、いちばん餌が欲しいときだなぁー
    俺の友達が鳩飼っててよぅ 毎日のようにオオタカにレース鳩を捕っていかれちゃうって困っているんだよぅ』
gaku 『場所は、どこだぁ?』
タダ 『○○町』
gaku 『○○町のどこだぁー』
タダ 『○○町の○○地区…』
gaku 『おおー そこなら、中段の○○あたりに巣をつくっていると思うぜぃ
    そこの地域だったら、獲物をもったオオタカは絶対に上段へは飛ばないからな
    もう、どこを探せばいいかすぐに分かるじゃあ、ないか』
こんな電話だけで、オオタカがどこに営巣しているかがボクにはピンときてしまう。
タダさぁーや友人には、まずオオタカの巣を探せないから、ボクはノーマークの地域でのオオタカ営巣地をこうして新たに知ることとなった。
★ 6月13日
早朝よりツキノワグマのフィールドを歩いていたら、携帯にキタさぁーから電話。
キタ  『おーいgakuさ、魚を食っていっちゃう動物はなんだぁー?』
gaku 『魚って、どんなサカナなのさぁー』
キタ  『○○工場の上の川で子供たちに、マスのつかみ取りをさせようと先週の土曜日放しておいたのさ
     だけど、土曜日は雨だったので中止をして、こんどの土曜日にするつもりさ
     そこで、サカナをそのまま川へ入れてあるんだけど、どんどん減っているんだ
     テンがきて食っちゃうんかなー?』
gaku 『その川って、浅いか、深いかぁー?』
キタ  『10cmくらいしかない、』
gaku 『そりゃー タヌキだ
    タヌキが夜中にきてマスを「いただきマス」ってやってるにちがいない
    タヌキは寝ている魚を捕まえるからなぁ
    考えられる動物は、タヌキとクマだけど、たぶんタヌキだな…
    それにしても、キタさぁーは、タヌキにいいプレゼントをしてやったもんだ、な』
この3日間に、このような問い合わせがつづいた。
ボクには、ちょっとしたヒントで瞬時に診断できるが、多くの人たちはこういう状況ではまったくお手上げだろう。
自然環境はこうして的確に「診断」ができなければ、プロとして仕事は成り立たない。
写真技術も大切だが、自然界を読みきる力が必要なのだ。
写真:このフクロウも、リンゴ農家から診断を頼まれて撮影できた。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

自然環境診断士 への7件のコメント

  1. 花柄クジラ より:

    素晴しい 自然環境のアドバイザーです。
    動物たちの生態を知っているものでなければ、池の魚を誰が捕っていくのかもわからないもの。
    とっても的確で かつ貴重なアドバイザー。
    誰もが出来るものではありません。

  2. みやましろちょう より:

    青森のふくろうの棲むりんご樹の話は聞いたことがありますが、長野でもそういう樹があるのですね。

  3. 小坊主 より:

    りんごの木とは、意外でした。
    それほど大きな洞を持つ木が、果樹園に?現存していること自体も。

  4. 酩酊亭道楽 より:

    マスをいただきますって・・・面白い。
    自分は、獣医師になりたいので、そのくらい瞬時に診断できるようになりたいです・・・。

  5. もっち より:

    りんごの幹をかじる野ネズミをフクロウが退治してくれる?

  6. アルファ より:

    マスを「いただきマス」って、本当に言いそうですね、タヌキは。

  7. gaku より:

    マスのつかみどり予定日は、明日の土曜日。
    はたして、天候はいかに?
    そして、
    掴めるだけ、マスが残っているのだろうか…?