森のライブカメラ YouTube


新年になってからトップページにUPした「森のライブカメラ」のYouTubeがおもしろい。
こんなにオモシロイとは、思わなかった。
ムササビの巣箱のなかにキイロスズメバチが一日にして巣作りをしてしまったのだが、その記録である。
これは、30秒おきに一コマ撮影した画像を3000枚余で構成したものだ。
その動きをみていると、スズメバチたちはムササビが自分の布団用に集めてきた杉皮をどんどん持ち去っているではないか。
ムササビの巣材をちゃっかり失敬しながら、スズメバチたちは自分たちの巣をつくっていたのである。
スズメバチの巣と、ムササビの布団までの距離は40cm。それをピストン輸送で運んでいたのだった。
スズメバチも、どこかで巣をやられてしまったから、急ぎあわててムササビの巣箱へ引っ越してきたにちがいない。
そして、働きバチの兵隊がけっこういたから、このように近場で巣材あつめをして、たった一日でかなりの大きさの巣にしあげてしまったのだ。
まあ、スズメバチのこういう仕事をみているのもオモシロイのだけれど、このライブカメラの活用法にきわめて面白いものをボクは発見してしまった。
この方法は、今後の自然界の生態観察にはかなり役立ちそうだからである。
これから、どんどん改良も加えながら、いろんなところの観察にこの方法をやってみたいと思う。
とにかく、このYouTubeの面白さを見てほしいと思う。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

森のライブカメラ YouTube への1件のコメント

  1. ずん より:

    http://www.youtube.com/watch?v=miaxvMQw544
    ですね。
    >ムササビの巣材をちゃっかり失敬しながら、
    >スズメバチたちは自分たちの巣をつくっていた
    巣の方に気を取られ、全く気がつきませんでした。
    左上の時刻表時を見ると、本当に24時間、不眠不休で作り上げたのですね。