中央アルプス駒ヶ根高原の噴水


いよいよ、ゴールデンウイークがはじまった。
国民的大連休なので、ここ中央アルプスの駒ヶ根高原にも多くの観光客が全国から訪れる。
駒ヶ根高原は、いまが新緑の芽吹き時期。
遅い桜も散りはじめ、みずみずしい緑が競いはじめている。
中央アルプスの宝剣岳も春のやわらかな日差しにたたずんでいる。
そんな高原の風景は、地元に住んでいても、やはりすばらしいと思う。
実におだやかな気分になれるからだ。
「駒ヶ池」というため池には、この風景が凝縮されて輝いている。
しかし、この「駒ヶ池」には、噴水がある。
この噴水が、水面に映る風景をかき消しているのだ。
この噴水は、地元の建設会社が寄付したものだ、そうだ。
ボクは写真家として地元の風景を大切にしているが、やはりこの噴水はおだやかな風景を台無しにしてしまっていると思う。
とにかく、せっかくの風景を楽しみたいのに、下品でもある。
「何とかならないものか…」と思うのは、ボクだけではないだろう。
全国から訪れる観光客も、少なからずそう思っている人はいるにちがいない。
写真:「駒ヶ池」の噴水。(Nikon D300 シグマ17-70mm)

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

中央アルプス駒ヶ根高原の噴水 への7件のコメント

  1. ほたるん より:

    自然の風景には人造物って似合いませんよね。
    この風景に似合うのは、噴水よりは滝でしょうね・・・・
    辰野の荒神山に桜を撮りにいったら、白・青・ピンクのプラ板で囲まれたランタンが連なっていて、桜を台無しにしていました。
    堤の上に鯉のぼりを吊るしたり・・・・何か勘違いしている風景ばかりが目立ちました。

  2. ひよ より:

    土建屋ってのは、そんなもんですよ。
    日本中平らに馴らし、道と建物の敷地にして
    海岸には消波ブロックを
    川にはコンクリート護岸を
    山には、砂防堤とダムを造りたい為に
    日本の公的債務800兆円を増やし中
    日本の原風景と、無駄使いした金かえせ!と私は言いたい。(自公と官僚と土建屋に)

  3. 高原の人 より:

    この噴水だけど、景観が悪いからといって、ときどき止めたりもしているらしいです。
    そうすると、寄付したところから、
    『せっかく寄付したのに、どうして活用をしないんだ。。』
    と、圧力もかかったとか。
    そんな噂も耳にしました、よ。

  4. ひよ より:

    高原の人様
    土建屋ってそんなものですよ
    例えば家を作って、土建屋の持ってくる祝いの品って
    ほとんど、置き場所に困るデッカイ鏡
    おまけに、社名入り
    こんなセンスの無い奴らが建物と工作物を
    作るから、日本の風景がこんなにも醜くなってしまったのです。

  5. この噴水見たことがあります。なんか変でした。そういえば、その時、五平餅を食べていたような記憶があります。駒ヶ根というとやはり五平餅ではないでしょうか?五平餅は、少なくとも噴水よりはいいですね。

  6. gaku より:

    >五平餅は、少なくとも噴水よりはいいですね。
    あははは、
    土建屋と市の観光課に聞かせてあげたい、です。

  7. より:

    あたしもこの噴水大嫌いでした。