シグマ10mmレンズの魅力


注文していたシグマ10mmレンズが届いた。
最近は、超広角レンズの表現に魅力を感じているから、10mmは画角が180度もあり、常用レンズにするべくテストを兼ねて入手してみた。
このレンズは、超ワイドレンズでありながら、最短撮影距離が135mm。
レンズ長だけでも90mmもあるから、フィルム面にあたるローパスフィルターまでの距離をいれると、花びらなどの超接近撮影ではレンズ面が被写体に当たるほどまで近寄れる。
これは画期的なことなので、こんなレンズを使いたかったし、これほどのワイドレンズでレンズの特性を生かした撮影もしてみたかった。
だから、ボクにとっては理想的なレンズといえるので、とにかく仕事になんとか使ってみたい。
それだけに、クセの強いレンズなので、利用方法をまちがえればとんでもなく失敗する。しかし、きちんと適正利用すれば、すばらしい作品を産みだせるであろう。

最近のシグマは、ほんとうに新しい意欲的なレンズを次々に出してくれるからありがたい。
こうしたレンズでの新しい作品もすでに「絵コンテ」ができあがっているから、使い倒すのが楽しみだ。

写真上:深夜の新宿の繁華街では、ドバトが元気に徘徊していた。
写真中:自然写真にも、新境地が拓けそうだ。
写真下:10mmレンズ。
(Nikon D300 シグマ10mmf2,8)

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

シグマ10mmレンズの魅力 への8件のコメント

  1. 粗忽鷲 より:

    ぅわ!なんだか凄いです。
    意欲的な作品が楽しみです♪

  2. おいかわ飯店 より:

    このレンズ僕も欲しいなーと思っていたのですが、この前レンズ買ってしまったので買えません。買ったのはシグマ28mm f1.8と言うやつですがこいつもいいレンズです。シグマさんの意欲的なレンズ僕もホント大好きです。
    魚眼の作品どんなのを拝見できるか今から楽しみです。

  3. ピッコロ より:

    私もカワセミ撮影している時に、買おうかどうか迷いました。また必要になって買うなら、このDCの魚眼と決めてます。
    gaku先生はいつになったら使うのかと待っていました。
    今、D300とDC10ミリは最強でしようね。使う人を選ぶけど。

  4. 小坊主 より:

    ちょっと覗かせていただいただけで、圧倒されました。

  5. gaku より:

    シグマは、
    ズームレンズも単体レンズも、ほんとうに魅力的なレンズばかりです。
    一眼デジもフルサイズが登場してきましたから、昔のフィルム感覚で使えるレンズが復活して資産運用ができるようになりました。
    こういう意欲的なメーカーは、やっぱり好きですし応援もしたくなります。

  6. より:

    私は昔、シグマのある80-200mmを使い(なんとまだ古臭い光学補正式4群ズームだった)、その悪いイメージがトラウマになっています。
    でも最近のシグマは全く変わりましたね。私もその手の会社に居ましたから解りますが、レンズの性能は設計者の能力(センス)で決まります。コンピュータのソフトも同じだそうです(ソフトウエア技術本部長いわく)。

  7. る~ より:

    このレンズ私も手に入れました。
    いや、使ってみて本当に素晴らしい。
    ボディーはSONYですが、SONY自体のFISHeyeに比べて格段の差があると思われすま。大いに活用したいレンズですね。

  8. gaku より:

    ■る~ さん
    はじめまして、いいレンズでしょうシグマ。
    とにかくプロのボクがいい、というのですから、いいのですよ。