千葉県房総半島にクジャクが…


6月21日、大雨の降りしきる千葉県房総半島。
館山から鴨川に向けて車を走らせていたら、なんと道路の真ん中にクジャクが歩いていた。
近所の家で飼われていたものが逃げ出したのか。
それとも、放し飼いのままのクジャクだったのだろうか。
車が通ってもあわてて逃げるようすもなく、クジャクはいたって落ち着いていた。
たぶん、このカンジからして、放し飼いにされているのだろう。
クジャクといえば、すぐに思い出すのが沖縄の八重山諸島。
近年これらの島々に、クジャクが野生化してしまって、生態系への影響が心配されている。
小浜島にあった観光施設から逃げ出したクジャクが、海を飛び越えて近隣の島々へ定着してしまっているからだ。
西表島では、野生化したクジャクが貴重な昆虫類などを捕食してしまうことから、今後の動向が気にかかるところである。
八重山諸島は亜熱帯気候の島々だけに、インドクジャクにとっては故郷を思い出して棲みやすい絶好な環境なのだろう。
千葉県の房総半島は深い照葉樹林帯域なので、亜熱帯環境に非常によく似ている。
このようなところに、もしクジャクが野生化してしまったら、生態系にも好ましいことではない。
道路を歩いていたクジャクにもし飼い主がいたとすれば、それは房総半島という立地条件を理解していない安易な飼育者といえる。
このクジャクに飼い主がいないとなれば、これはすみやかに捕獲して、施設などで飼育しなければならないだろう。
房総半島には、台湾生まれのキョンが数千頭も異常繁殖をしているし、ボクの無人撮影ロボットカメラにはアライグマも多数生息していることが確認されている。
ハクビシンもビワや柑橘類などを狙って、増加中である。
このように外来動物にはいたって無関心な地域なので、クジャクが道路を歩いていることに地元の人たちは何の違和感も感じないのであろう。
少なくともボクには、クジャクが道路を歩いていることは大きな事件だった。
写真:雨の中をのんびりと道路上を散歩していたインドクジャクの雄。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

千葉県房総半島にクジャクが… への14件のコメント

  1. 紋次郎。 より:

    初めまして。
    いつも興味深くブログを拝見させて頂いております。
    房総半島の孔雀は勝浦にあった、行川アイランドで、
    孔雀の飛行ショー用に飼育されていたものが逃げて野生化したと聞いた記憶があります。
    恐らく逃げた孔雀は1羽や2羽では無いと思われます…
    ちなみに行川アイランドは2001年に閉園しました。

  2. gaku より:

    >行川アイランドで、孔雀の飛行ショー用に飼育されていたものが逃げて野生化した
    やっぱりそうでしたか。
    キョンもアライグマも、元行川アイランド周辺に非常に多く確認できます。
    当時の経営責任者とか飼育係にまで遡って責任を負わせることはできないものでしょうか、ね?

  3. もっち より:

    インドクジャクの繁殖力も凄いらしいですね、寿命も20年近く生きると聞きました。
    確かに動物園やレジャー施設では、当たり前のように放し飼いにされている姿をよく目にします。八重山諸島での捕食による被害は、テレビなどでも報道されていますが、この勢いで本土に定着するとヤマドリやキジなどにも影響が出てくるかも知れませんね・・・。
    インドクジャクは特別外来法では、要注意種ということで、駆除の対象にはなっていません。ちなみに、あの外来生物の代表のようなミシシッピーアカミミガメ(ミドリガメ)も要注意種。
    これは、相当な数が国内に流通してしまっていること(すでに駆除不可能?)とこれに関して産業が成り立ってしまっていること、特定外来種に指定すると現在飼育されているものを安易に近所の池などに放す恐れがある等の理由からだと思いますが、インドクジャクもこの二の舞いにならぬ様、早急な対策が必要だと思います。

  4. より:

    ぜんぜん違う話ですが、この写真を見て連想したのは、インドの野良ウシです。なんであんなにいるのかと思ったら、乳がでなくなったウシなんですね。ウシはヒンドゥーでは神の遣いだから、殺すわけにかない。かといって飼ってたら金がかかる。で、野良にしちゃう。ところがインドでも牛肉を売る業者はいるんですね。朝日新聞の特派員手記にでてたんですが、電話で注文するとデリバリーしてくれる。ちなみにこの業者はイスラム教徒。したがって豚肉は食わない。コーランではブタは汚れた動物とされているので。とまれ、やっぱインドって宗教の坩堝なんだなあと思いました。gakuさんの写真には、こんなことまで連想させる視覚言語がてんこもりです。

  5. もしかしてこれで見納めなんてこと・・・?

    今日も山並みの写真です信州伊那谷の今日の予報は曇りのち雨・・・明日以降もすっきりとした空模様にはならないようです・・・って事はこうして見える残雪の中央アルプスの景色も…

  6. タッキー より:

    はじめまして。
    信濃毎日新聞の記事を検索していてこちらにたどり着きました。
    記事を拝見して、こうした異常事態が日常のことになっていくことが本当に怖い気がします。
    人間が浅はかな気持ちで持ち込んだ生物が日本の在来種の生息地を奪い、混血化することで変化してしまう生態などは、都会や遠い房総半島だけのことだと思っていましたが、南アルプスでも起こっていると言う記事を読んで本当にビックリしてしまいました。
    地球温暖化に加え外来生物による環境の変化を何とかしなければいけないと改めて感じました。

  7. より:

    ところでハローワークで害虫やネズミ駆除の仕事を見つけました。給料いいんですねー。

  8. gaku より:

    ◆タッキーさん
    はじめまして。
    ホームセンターで気楽に売られている外国産(養殖?)カブトムシだって、地域の大人たちは何も感じずに見ていますが、逃げ出せばとても危険をはらんでいます。
    ヌートリアも、すでに信州に侵入してきてますからね。

  9. おいかわ飯店 より:

    >ところでハローワークで害虫やネズミ駆除の仕事を見つけました。給料いいんですねー。
    何歳ぐらいまで募集しているんでしょう?気になります。

  10. gaku より:

    ■おいかわ飯店さん
    >何歳ぐらいまで募集しているんでしょう?気になります。
    最大手の駆除会社の社長と知り合いですよ。
    失業したら、いつでも紹介しますから…。。

  11. >失業したら、いつでも紹介しますから…。。
    今もそんなに変わりませんが、そのときが来ましたら是非お願いいたしますW。

  12. おいかわ飯店 より:

    就職に目が眩み孔雀の事を忘れてましたが、行川アイランドと言えば、フラミンゴショーでしたが、フラミンゴはエスケープしなかったのか?引き取り手があったのでしょうか?

  13. より:

    >最大手の駆除会社の社長と知り合いですよ。
    失業したら、いつでも紹介しますから…。。
    私に紹介してください!。

  14. より:

    あ、いや失礼しました。
    でもほんとに面白い仕事なんじゃないかと。外食産業など顧客は絶えることがないから将来性も期待できるし。
    私自身、ヒメネズミの侵入に悩まされてgakuさんの例の御本を参考にしてついに闖入経路解明!撃退に成功したのでほんとに興味あります。
    ぜひ私にも。Please!
    ところでその社長さんとはD×SK○NですかそれともC×tsとか…。