やっぱり「GX200」は楽しいカメラだ…


リコーGXシリーズカメラは、ほんとうに使えるカメラだ。
GX、GX8、GRD、GRDⅡ、GX100、GX200…と、すべて使ってきた。
これらのカメラは、いつも胸ポケットに入っており、ちょっとしたときにも撮影できるから重宝している。
もちろん、これらのカメラでの印刷物も何度も経験しているので、プロとして十分に使えるコンパクトカメラであることにはまちがいない。
こうしてメインとして使っていた「GX100」を、川に落としてしまった。
胸ポケットからぽろりと、滑り落ちてしまったのである。
すぐに引き上げたが再起不能となり、「GX200」の出番となった次第。
GX200は今月になって発売になったばかりだが、これがきわめて高機能なのには感心してしまった。
コンパクトカメラなのに、ニコンD2Xとほぼ同じ画素数で勝負できているし、これなら印刷物にも文句なく使っていける。
操作性はGX100とまったく同じなのも、いい。
もう、楽しくて仕方のないカメラである。

プロのボクは、基本的にはカメラが好きである。
だから、いろんな機種を使っているが、持っていてこんなにもうれしくなるコンパクトカメラというものも珍しいものだ。
写真上:ホタルブクロの花を真下から覗くと、とても新鮮な風景に見えてきた。
写真下:今後はボクの胸ポケットでメインとなっていくリコー「GX200」カメラ。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

やっぱり「GX200」は楽しいカメラだ… への3件のコメント

  1. わさびぃ より:

    わさびぃです。私ならば、さしずめ落した方のカメラに注意が行きます。その点gakuさんは前向きな、というか、新しいカメラが手に入ってうれしそうですね。
    しかしながら、1210万画素ですかぁ・・・会社で仕事柄画像処理をします。以前は24万画素で結構苦しみました。それでも遅い処理でした。今度は、145万画素になって解像度も上がりいい結果が得られるぞ!と思うと同時に処理速度が気がかりです。なのに、一体全体1200万画素なんてどうやって処理するんでしょうかぁ・・・

  2. GX8は元気なのですが、ちょっと古くなってきた感じがありますね。画質にはあまりこだわらないのですが、最近はちょっと気になります。GX200は、マニュアルの操作性がいいと聞きます。今かなり気になるカメラですね。

  3. ブリスパ より:

    GX200いい様ですね!
    私のように経済的理由により、GX100で当分は我慢するという人も一般的にはかなり多いと思います。
    ワイドコンパクトが是非欲しいという人には極めつけかもしれません。
    GX100の場合、太陽を入れたもろに逆光撮影の場合、薄いオレンジ色のおびただしいゴーストのようなものが写るのですが、それは改善されていますでしょうか?
    内部ストロボのマニュアル化というのが一番気になりますね。
    そういったところは心をくすぐられますが(私にとっては、それでOK)、RICOHさんにとっては一般ワイド市場として売り出したカメラなんですよね…