ノドグロという美味しい魚


一昨日は、講演があって金沢市へやってきた。
せっかくだから、ちょっとだけ夏休みもとろうと、能登半島へも足をのばしてみた。
金沢市内では、市場に行列のできる寿司屋さんがあると聞き、さっそくでかけてみた。
運良く座れたので、北陸の魚にターゲットを絞る。
「ノドグロ」がお薦めだというので、さっそく注文をしてみた。
これが、はじめて食べる魚であって、いっぺんに虜になってしまった。
旨いことといったら、ありゃしない。
脂がじんわりと効いていて、歯ざわりのいい白身魚。
ノドグロとはいったい、どんな魚だろうかと思って翌日は市場にでかけてみた。
正式名は「アカムツ」だというそうな。
沖縄の水族館でみたような記憶があるが、鯛のように赤い目の大きな魚である。
一尾まるごとだと、大きなものでは3500円ほどしている。
なかなかに、高価な魚なのだ。
でも、これだけ美味しければ、ざっくりと刺身で一尾いきたいものだ。

夏休みもまだ、2日ある。
帰るまでに、ノドグロに再挑戦といこう。
写真上:ノドグロの握り。
写真下:ノドグロという魚。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

ノドグロという美味しい魚 への6件のコメント

  1. KingFisher より:

    ノドグロは兵庫県北部でも獲れます。
    僕は生で食べるより焼いたほうが好きです。
    ノドグロの小型のものの干物が最高に美味しいと思います。味が濃くなって、ジューシーな油がたまりません。
    コウノトリ写真コンテストの審査の時にでもご馳走出来たらと思いますが、あの時期にあるかなー・・・?

  2. 小坊主 より:

    煮たのが、好きです。
    しかし、余りに、高すぎます。。。

  3. いち猟師 より:

    こんばんは。
    話は違うのですが、’情熱大陸’見ました。
    以前、板橋で講演会&写真展を行われた時にお伺いしたかったのですが、講演会は用事で
    けませんでした、写真展は行きましたが。
    パネルで見ると同じ写真でも迫力が違うなぁ
    と感心しました。
    という事で、生の宮崎さんを始めて見る(失礼)ことが出来たのですが、とても親近感を
    感じました、と言うのも私の伊那谷出身の親
    しい先輩にリアクションがそっくりだったも
    ので‥、スミマセン。
    もうすぐ猟期になります、また何かありましたらお知らせします。
    その際は、また宜しくお願いします。

  4. gaku より:

    ノドグロは、結局ナマには出会えません、でした。
    >KingFisherさん、小坊主さん、
    輪島で「山陰浜田港」産という15cmくらいの一夜干しを買ってきました。
    焼いて、食べたら、これがけっこう美味しいのです。
    ハタハタの肉味を固めにしたカンジといえばよいでしょうか?
    病みつきになる、美味しさデシタ。
    >いち猟師さん
    ご無沙汰しています。
    メールしなければと思いつつ、多忙に流されてまして申し訳ございません。
    猟期がきましたら、お会いできますかねぇ。

  5. いち猟師 より:

    こんばんは。
    お会いするのは全然やぶさかではないのですが‥。
    もしかして猟場をいっしょに歩いて頂けるのですか?
    それだと仙人、山の神の右ウデといっしょに狩りをしてるみたいな事になりそうですね、オコゼを持つより御利益ありそう‥、どころじゃないですね。
    ターゲットには申し訳有りませんが、ぜひ宜しくお願いしたいです。
    しかし、それはともかく長野は行動圏内ですのでなにかありましたら猟期以外でもお申し付け下さい。
    師匠もお会いしたがってましたから。
    それでは、失礼します。

  6. あるちゃん より:

    「塩いか」をぐぐってたら,gaku@信州さんのお名前が出てきて,ココに来ました.
    お袋は,胡瓜と冥加の三杯酢一辺倒で,若い頃はあんまり好きじゃなかったけど,四十を過ぎると,あぁ言うものが妙に旨くってね.
    ノドグロ旨いですよね.
    刺身でもいいし,焼いても...
    でわ,失礼します.