地バチが大豊作


今年は、とにかく地バチが大豊作の年のようだ。
地バチとは、クロスズメバチのことで、土中に巣をつくる蜂の一種。
これを、信州の伊那谷では珍味として食す習慣が昔から存在していた。
だから、大豊作の年にはみんなが喜ぶのである。
これら地バチの巣を見つけるには、それなりに技術がいるが、ボクも少年時代から経験があるのでお手のものだ。
しかし、近年は多忙すぎて、ゆっくり地バチとつきあっているような時間がない。
でも、夏に一つだけ見つけた。
その巣を秋までそっと保っておいて、実入りの大きくなった時点で掘り起こそうと考えていた。
地バチの巣は、ツキノワグマの生息地のど真ん中にあった。
しかし、この地バチを熊も大好きなので、いつ熊にやられてしまうか気がきではなかった。
でも、大丈夫だった。
ちゃんと、目的通りに地バチの巣をゲットできたのだ。

こうして獲った地バチの巣から幼虫をとりだして「甘露煮」である。
酒と醤油と味醂と砂糖で、ゆっくり煮つめていく仕事も自分でやった。
そして、熱燗でゆっくりいただく一年に一度の秋の味覚。
この味をかみしめるたびにボクは、信州の秋を体感しながら、生きているよろこびを感じる。

写真:クロスズメバチの巣と幼虫と甘露煮。

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会   パーマリンク

地バチが大豊作 への7件のコメント

  1. 小坊主 より:

    この写真を見て、ごくりと、喉が鳴らないようでは、伊那谷の住人には、なれないのでしょうね。。

  2. ブリスパ より:

    なるほど、ツキノワグマもクロスズメバチは好物でしたよね。
    私は1枚目の写真を見たとたんに「ハチクマ」を思い出してしまいました。
    彼らも土の上から上手に見つけますよね!

  3. もっち より:

    僕も昨日、山中でヘボ(クロスズメバチ)の巣を見つけました。こちら山梨でも今年は良く見かけます。
    今年、一回刺されましたし・・・苦笑。

  4. わさびぃ より:

    玄関の上に、スズメバチの巣があり、こぶし大になるまで気付かずにいました。子供が怖いというので、食べてしまいました。

  5. しえ より:

    はじめまして。
    伊那谷出身ですが、小さい頃に1度だけ蜂追いをやったことがあります。はちのこはたまにいただいていたので大好きです。
    山の暮らしがとても懐かしいです。

  6. ぶの字 より:

    はじめまして!
    おいらベッドの住人となって六年
    PC生活になって四年でがんすが
    ずーとこんな森ブロさがしてたでがんす
    趣味で詩句を書いてるので 勉強にも
    刺激にもなるでがんす
    リンクいただいて帰って 森探検したいと思うでがんす。。。

  7. gaku より:

    ◆しえさん
    はじめまして、伊那谷出身ですか?
    ならば、蜂の子、フナの甘露煮、イナゴ…
    平気でいけますね。これらは、ボクも大好きなんですよ。
    ◆ぶの字さん
    はじめまして、ベッドに6年とは大変ですね。
    どうぞ、ボクのところでこれからも森探検をしていってください。