オコジョの糞…?


今朝、携帯電話が鳴った。
駒ヶ根高原で飲食店をやっているオヤジ、からだった。
『おーーい gakuさぁ オコジョの糞ってどんなのだぁ?
 たぶんオコジョだと思うけれど、確認してくれない、かなぁー?』
さっそく出かけてみれば、オヤジは小さなデジカメを出してきてモニターを見せてくれた。
画像には、細くて、長くて、イタチ科の糞によく似たのもが写っていた。
しかし、写真だけでは鑑定ができないから、撮影現場を教えてもらってボクが直接確認することにした。
オコジョの糞は、とにかくめったに出会えないから、ボクも撮影しておきたかったからでもある。
飲食店のオヤジが撮影したという「オコジョの糞」は、高原のみやげもの店の前だった。
なんと、屋外の商品棚の上。
熟柿を置いていたら、それを何者かが食べにきて、その脇に糞がしてあったのだった。
糞の直径は3-5mmくらい、長さも20-30mmほど。
オコジョのそれに似ているが、環境からしてオコジョではないとボクは判断した。
この糞は、ヒヨドリのものである。
熟柿を食べにきたヒヨドリが、現場に糞を残していったものだった。
ヒヨドリとわかって、飲食店のオヤジもみやげもの店のオヤジも「なーーんだ」といって、残念がった。
そして、大騒ぎしたことを詫びてきた。
実は、みやげもの店の前に真っ白な冬毛となったオコジョが20日ほど前に出現したのをみんなに目撃されていたのだ。
だから、関係者はヒヨドリの糞をオコジョだとばっかり思ってしまったのだろう。
そのくらいみんながオコジョを期待していたのであって、ボクにも撮影させたいという気持ちもあって監視してくれていたのだった。
だから、デジカメで糞の写真まで撮って、わざわざ電話までかけてオコジョのお墨付きを得たかったのである。
これは、嬉しいことである。
高原に住むみんなの気持ちが、ボクには嬉しいのである。

写真:熟柿とヒヨドリの糞。オコジョなどイタチ科の糞によく似ている。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

オコジョの糞…? への2件のコメント

  1. わさびぃ より:

    じ、事件ですね!・・・ v(^-^;)v

  2. どぶろく より:

    食道と胃の境目が裂けて吐血した時、赤ワインみたいな色でした。ちょうどこの糞のシミんとこみたいな。あのころからまだ人生のどん底。果たして復活するか、自爆するか。結局自分次第。