久しぶりの東京


3日ほど、上京してきた。
第一の目的は、写真評論家の平木収氏のお別れ会への出席だった。
平木さんとは、「田淵行男賞」の選考委員を一緒にしていたから、今年もその予定になっていた。
なのに、ボクと同じ年で惜しくも鬼籍に入られてしまった。
ボクとは、誕生日が10日しか違わず、本人はいつもボクに会うたびに「宮崎さんは10日兄ちゃんだよね」、って言っていたことを思い出す。
残念で悔しいけれど、最後のお別れに行ってきた。
出席者は、400人、いやもっといただろうか。
すごい、人だった。
平木さんの交友関係が偲ばれた。
そのあとは、秋葉原でいくつかのパーツを買い、ジャンク街や新商品など、いろいろな情報を仕入れに歩きまわった。

夕方まで、秋葉原周辺で撮影もして、あとは行きつけの新宿の飲み屋さんへ。
ここは、もう10年以上もずっと顔なじみだから、マスター相手に一人で飲むことは好きだ。
そして、いい客が多いから、初対面でも意気投合して飲みあえるのがいい。

翌日は、ニコン本社に行ってカメラのローパスフィルターの清掃を自分でできるように特訓を受けた。
デジタルカメラにとって、フィルム面にあたるローパスフィルターは、汚れやゴミが禁物だ。
しかも、ゴミがけっこう付きやすいものである。
いくらデジタル化されても、このローパスフィルターのコンディションだけは作品に直接関係してくるから、最高状態に保っておきたいと思っている。
なので、自分でも清掃ができたほうがいい、からである。

作業をやりながら要注意点だけは押さえてきたつもりだ。
実は40年も前には、ボクはレンズの下請け会社に勤めていたから、このような光学パーツの清掃経験がある。
だから、要点だけ教わればそこは昔取った杵柄で、なんとかなりそうだった。
なので、これからは、安心してメンテナンスもできるというものだろう、たぶん。
ニコンを後にして、次は講談社の雑誌記者と昼食。
そのあと、「クーリエジャポン」と講談社100周年記念展が新宿の高島屋で行われていたから記者と一緒に見学。
クーリエジャポンの編集長は、フライデー時代からの腐れ縁。

あわただしい3日間だったが、東京はボクにとってケツの座りが相変わらず悪いところだ。
しかし、何かと刺激にもなり、いろいろと考えることができるところだから、普段と違う視点を養ってくれる。
なので、時々は上京してもいいところだな、とも思っている。

写真上から、
秋葉原のドバト
秋葉原の無印良品
宮崎産地鶏の塩辛
D3のCCD清掃準備中
高島屋の展覧会
田町の歩道植え込みのアブラムシとテントウムシ

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

久しぶりの東京 への5件のコメント

  1. 小坊主 より:

    てんとう虫の幼虫が、お食事中ですね。
    gakuさんの食事は、何でしょう?
    ヒージャーにしては、すこし、色が薄いようですし。

  2. gaku より:

    ■小坊主さん
    >ヒージャーにしては、すこし、色が薄いようですし。
    あれは、宮崎県産地鶏の「塩辛」です。
    ビールの肴にうみゃー、です。

  3. どぶろく より:

    いつもながら読み応えのあるお写真で。いつもより枚数が多いのは琴線に触れるシーンが多いってことでしょうか東京には。
    ドバト。往々にして同方向を向いて隊列組んでるもんですが、この二羽のシンクロは北朝鮮の軍事パレードを思わせる。奥の警備員さんも何故かシンクロ。「あーだりぃ。休憩まだかなあ」。これが「警視庁」だとまたいいかも、職質されるけど。
    無印。なぜかくも闊歩するか?右端のニーソックスのお姉さんもストライダー。忙しいのだ。東京の人。
    地鶏の..gakuさんのうみゃーも…。禁酒中の僕には猛毒だあ(唾;)。
    LPF。いくらコンピュータ化しても光学精密機器。エンジニアはメンテフリーをめざすが。デポ用ですか。昔のガラス製ハンドラップが懐かしい(安定感ばつぐん。未だ売ってますけどね)。
    写真展。あくまで静なるワンカットなのにこのダイナミズムは何?。
    アブラムシ。アブラギッシュだなあ、この花木。
    アキバ、行けません。欲しいものが多すぎて、でも買えない僕には精神的に不衛生です。
    東京はシリがむずむずしますね。刺激は良いけど、トイレみたいに用が済んだらとっとと退散!。
    以上、感想の12.5%程書いてみました。

  4. ちゃかめ より:

    こんにちは。
    何度見てもドバトの写真が新鮮で、コメントしてしまいました。
    当たり前のように胸を張って歩いてるドバトが面白いです。横を歩いている男性よりも当然のように歩いてますね。
    この場所の治安は我々が守る!!というような雰囲気です。
    写真はいろいろ想像できて楽しいですね。

  5. gaku より:

    ■どぶろくさん
    写真評論家になれますね。
    ありがとう。
    ■ちゃかめさん
    >写真はいろいろ想像できて楽しいですね。
    ほんと、写真は楽しいですよ。
    視覚言語をボクはやってますので、いろいろ想像して見てやってください。