山菜狂想曲コシアブラ


最近、コシアブラなる山菜が注目をあつめている。
タラノメを食い飽きた信州人が、コシアブラに移行しているからだ。
コシアブラとは、ウコギ科の高木で大きなものは電柱ほどにもなる。
この新芽を食べるのであるが、松ヤニのような味がなかなかに美味なのである。
新芽の成長は早く、適期を逃しやすいものだが、いい時期にあたるとほんとうに美味しくいただけるのがコシアブラ。
なので、ボクは一年に一回はコシアブラを食べたいと思って実践している。
そして、一回食べれば、欲になってそれ以上食べられないのもコシアブラなのではないかと思う。
コシアブラ初心者だと、まず「天ぷら」が美味しいというが、もっと美味しい食べ方がある。
それは、さっと茹でて、冷水に浸したあと、酢味噌で食べるのだ。
あとは、これを卵でとじて、甘めの天汁での「コシアブラ丼」がなかなかに美味でもある。

このコシアブラは、全国的に分布しているようであり、兵庫や鳥取の日本海岸でも目撃したことがある。
柔らかい木なので加工がしやすく、東北地方ではコケシづくりなどに利用されている。
内緒だけれど、ボクの仕事場の庭にも大小数十本のコシアブラが生えている。
この庭で充分に収穫ができるけれども、不思議なことにこのコシアブラを動物たちが食べているところを見たことがない。
カモシカもニホンジカも、この葉を食べないからである。
樹種に含む「脂」成分が嫌いなのだろうか?
この脂は、その昔は鉄の錆止めに使ったそうな。
だから、木から脂を濾したので「コシアブラ」。
信州では、いま人気急上昇中の山菜である。

写真上:このくらいの新芽がいちばん美味しくいただける。
写真中:酢味噌で食べるのがシンプルでコシアブラの味を楽しめる。
写真下:30分も歩けば大収穫。「道の駅」でこれだけ売ればウン万円になりそう。あっというまに成長するから収穫時期に要注意。

カテゴリー: 植物   パーマリンク

山菜狂想曲コシアブラ への5件のコメント

  1. どぶろく より:

    あの、gakuさんのupを待ち構えて書き込んでる訳じゃないんで、毛嫌いしないで下さい。偶然です。
    僕は信州で天然タラノメたくさん食いました。家の周りに沢山生えるのですが、これは食わずお隣からの貰い物です。なんでか。
    余所の集落から来る山菜採りが3、4番芽まで根刮ぎ採ってしまうので、かわいそうで僕には採れませんでした。時には僕の家の庭のものまで!。最早犯罪です。ついでにアキカン・PET・吸い殻(オレはタバコが大嫌いだ!!それに火事になったらどうしてくれる!)の置き土産。度々遭遇する田舎人のこの意識が我慢ならん。信州を去った一要因です。
    このあまりの狼藉振りには僕が居た集落(山菜・キノコが豊富)の住人みんながキレて看板などの対策が取られました。
    さて天ぷらはめんどくさいのと、アクが飛んでしまうので、もっぱらお浸しでした。結構葉が伸びたのが好きです。栽培ものを食べると「こんなものが食えるか!!」と、海原雄山みたいに膳をひっくり返したくなりました。アクが無い、美味く無い。
    コシアブラは未体験です。タラノメよりアクが強いそうですから美味い出しょうね。写真からして、美味そうな色(唾;)
    さてウコギ3兄弟のトリはハリギリですか?。一握りを天ぷらしただけで油がだめになる程アクが強く、為に人気は低めだそうですか、興味津々の未体験ゾーン。教えて下さい。
    P.S.
    ウコギ科は強壮成分が強いそうですね。

  2. gaku より:

    ウコギ3兄弟食べ比べてみれば、わかります。
    それぞれに、個性があります。
    その前に、3兄弟がフィールドで見分けられる目を養わなければ、楽しみもないということ、ですが。

  3. どぶろく より:

    コシアブラもハリギリも僕にとっては机上の知識です(あるベテランから頂いた本による。なお、この本は文章挿し絵とも実践に応用可)。山菜もキノコも、ベテランとの実践が一番なのかと思っています。ことキノコは「フィールドガイド」と銘打ったポケット写真集は無力と感じました。絵はがき写真集なので現実の姿、菌の生育段階による変異などがわからない。写真だとイメージが固着して判定の妨げになる。フィールドガイドは絵と文章による識別解説がベターと感じます(鳥については某フィールドガイド。高野伸二作画)。

  4. 小坊主 より:

    タラの芽は、場所によって、かなり、味が違いますね。美味いの、それほどでもないの。
    比べて、コシアブラは、差が小さいように思いますが、どうなのでしょう?
    ハリギリ、一杯生えていますが、食っていません。今のところ、食おうとも思いません。

  5. C-NA より:

    こんばんは。
    先日コシアブラを採取しているおじさんに
    「コシアブラですよねnこれ・・」って聴いたら返事もせずに私から遠ざかっていきます。後ろめたかったのかしら??着いていったら嫌な顔して離れていきました。「・・・の森」という公園といえば公園ですが誰もとがめる人もなく管理のオジサンも山菜には興味もないらしくワラビやシオデ、コシアブラハリギリなど毎年頂いています。オジサンが行ってしまったのでコシアブラは私の物になりました。我が家はおかかあえやごま、酢みそ、天ぷらです。