獣害を考える 8 シカ防護フェンスの個性いろいろ


全国各地で、獣害に困っている地域はたくさんある。
そんな地域になるべく多く出かけていき、出没動物密度と周辺住民の心理を探ることもやっている。
今回は、三重県の鈴鹿山系から岐阜県にかけて見届けてきた。
「鈴鹿」というくらいだから、この地方には昔からたくさんのシカがいたのだろう。
鈴鹿市内で獣害に困っている地域の人に聞いてみれば、たしかに昔からシカの害はあったそうな。
しかし、イノシシの害も多かったが、ここ10年ほどは圧倒的にシカの害のほうが増えているという。
これは、近畿地方や中国地方を回ってみても、どこでも聞く言葉である。
では、ここ10年ほどでニホンジカが何故に激増したのだろうか?
そういうところにも思いをはせる人間は少ないものだ。
こうした獣害対策で感じることは、各地それぞれに防護柵などの対策デザインに特徴があることである。
それは、たぶん、誰かがひとりはじめると、右にならえといったかたちで対策が実行されていくから同じデザインになるからだ。
裏を返せばそれは、シカを大量捕獲して実害を減らそうというような抜本的対策アイデアがないまま、対処療法的にその場しのぎの守勢として行われているためである。
地域に、シカの生態に秀でた人がリーダーとなってやればいいのだが、それをできる人がいないから、対策デザインがそのまま人真似となり似ていき、対策そのものも小さく、頭打ちになっていくのが現状である。
ここは、もう、激増し続けるシカをいかに大量捕獲して「資源」にしていくかといった大きな発想転換期にきている。
いまや、ニホンジカやエゾシカの激増が人間の社会生活を大変な勢いで圧迫してきていることに早く気づき、対処するべきところにきているのにである。
それなのに、国をはじめ地域行政でも、電気柵だけの対応をさせているだけで、他には何も手をつけようともしないのはきわめて憂慮すべき事態である。
生態学者にしてもシカをいかに減らせばいいかといった奇抜なアイデアを出せる人がいないから、すべてが後手にまわっているのが人材不足といってもよく、人間観察をしていても面白いところだ。
鈴鹿地方の農家のおじさんが言っていた。
「この広い地域に、ハンターは2人しかいないんだよ。それも、年寄りでいつまで続けられるとも分からん…」。
近代社会を皆が迎えたと思っている日本で、そこに暮らす地域住民たちは、自然界というところはどんなものなのかといった大切な部分を考えることなく、大きな忘れ物をしてきてしまったとボクは思った。


写真上から:
1)四日市市内で見かけた獣害防護柵。これはまさに気休めであり、シカもイノシシもすぐに突破できる。だが、なんとかしようといった努力がうかがえるのが楽しい。
2)左、鈴鹿市内。下段の波トタンは主にイノシシやタヌキなどの侵入防止対策で、上部のネットはジャンプ力のあるシカ対策。
  右、四日市市内。市販の防獣ネットできれいにフェンス張りができていた。同じような防護柵が近所に固まって見られたのは、誰か一人の行動からの発案であろうことがうかがえる。
3)左、大垣市内。下段には波トタンに鉄筋メッシュフェンス。上段はビニール紐。これは、下段デザインではじめのうちは効果があったのだろうが、やがてシカがジャンプして侵入してくるようになり、対策として上部にビニール紐を張るようになったのだ。周辺の畑のほとんどがこれと同じデザインだったから、とりあえずはこれで何とか獣害対策ができていると思う。しかし、これもビニール紐の劣化と共に突破されるのは時間の問題と見た。
  右、大垣市内。左と同じ地域にあったフェンスだが、これは金をかけずに近所の竹薮にあった竹で代用したフェンス。いまのところはこれでもシカ対策はできているかもしれないが、竹の老朽化とともに突破される日も近いだろう。この現状でも、タヌキ、キツネ、アナグマ、ハクビシン、アライグマ、ヌートリアには、まったく通用しない。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

獣害を考える 8 シカ防護フェンスの個性いろいろ への4件のコメント

  1. ブリスパ より:

    むつかしい問題ですね。
    人間の言い分を、どれぐらいにすればいいのかとか…(書けば長いですね)
    「田」の字型の写真、訴求力ありますね!
    現代、「アルバム」という物が無くなり、
    写真を並べて構成すると言った非常に大事な美的部分も無くなってしまいました。

  2. あーる より:

    ここらで見かける横向き波トタンプラス網が、基本形なのかと思っていたら、いろんなローカルデザインがあるんですね。
    人間もまた地域に根ざした生物なんだな。と微笑ましくなりました。

  3. いち猟師 より:

    こんばんは。
    なにやら活動開始されたみたいですね。
    私もハンターの端くれとして、尽力いたします。
    ただ、今年の初めに長野南部の某高原のHPにアップされてた写真なんか見てしまうと、ますます♀鹿は撃てないですね。
    子連れの♀を撃ってしまった時の罪悪感は一般の人には理解出来ないでしょうねぇ。
    トラウマになっちゃいます。
    ”それでもやらなきゃ”と言う大義名分がほしいところです。
    すみません、ヘタレで‥。

  4. gaku より:

    ■ブリスパ さん
    >むつかしい問題ですね。
    むつかしいけれど、一歩前進していかなければなりません。
    ■あーる さん
    >人間もまた地域に根ざした生物なんだな。と微笑ましくなりました。
    おっしゃるとおりです。
    意識的にも、地域を一歩もでられない人間が、見ていて面白いんです。
    ■いち猟師 さん
    >すみません、ヘタレで‥。
    ヘタレは、いけませんよ。いけません。