佐渡のトキをテンが襲ったというけれど…


新潟県佐渡市にある「佐渡トキ保護センター」のトキがテンに襲われて9羽が死んだという。
このニュースで、社会的には、テンがいちばん悪者になっていると思う。
しかし、テンは何も悪いことはしてない、とボクは思っている。
テンは、自分の生態に忠実に行動したからにほかならないからだ。
だから、これらの事件は「人災」だと思っていいだろう。
国民の膨大な税金をこうして無駄遣いしたのは、やはり人災のなにものでもない。


テンは、肉食動物である。
肉食動物は、フルーツ類も大好物である。
このため、餌が欲しければ、どんな行動にも出てくる動物でもある。
だから、トキが1羽一億円しようが、テンにとってはただの美味しそうな「餌」、でしかない。
トキは、ケージ内でドジョウなど餌がふんだんに与えられて、育てられている。
その現場そのものがテンにとっては魅力的な餌場であり、虎視眈々と狙い、忍び寄ってきたからである。
カンタンに言い換えれば、トキをつかってテンに「餌付け」をしていたと思えばいい、だろう。
そのことを予測できなかったのは、トキのことだけしか考えられず、テンという肉食動物が日本の自然界でどのような生態的位置づけにあるのかを計算できていなかったからだ。
これこそ、テンがごく普通に自然界にプログラムされて生きていることを複眼発想できなかった関係者の怠慢だった、と思えばいいのである。
だから、これはハッキリいって人災なのである。



新聞記事によれば、ケージ内を監視するカメラが24時間態勢で作動していたという。
しかし、夜間撮影ができないから異常を把握できなかったとも書いてある。
だからといって、夜間撮影ができるようなカメラをまたぞろ税金で買えば済む、という問題でもなかろう。
トキがカメラの前で殺されてもそれを撮影した映像を見ているだけでは何の問題解決にもならないし、責任転嫁のなにものでもない。
これが、テンがニワトリを襲って殺したのならニュースにもならないが、トキだから国民の関心もあるのだ。
ここはやはり関係者は、事実を真摯に受け止め、日本の野生動物の存在をもっときちんと再認識しながら節税につとめてほしい、ものだ。



写真上から:
1)テンはなかなかに魅力的な表情をしている。
2)天井の換気扇ファンを破って室内に侵入してくるテン。
3)室内のリンゴを盗んでいくテン。
4)こんなフェンスの上だって平気で移動できる。
5)監視カメラのコードをテンが食いちぎってしまった。
6)電気コード類は、テンがよく齧ることを忘れてはならない。
7)倒木だってバイパスがわりに使ってしまえる身軽なテン。
8)自然界でのテンはいろんな表情や肢体をみせてくれる。
9)屋根の上だって平気で走り回ることができる軽業師ともいえるテンの足跡。

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

佐渡のトキをテンが襲ったというけれど… への18件のコメント

  1. 小坊主 より:

    全くもって、おっしゃるとおりです。
    詰まらん怠慢で、とんでもない税金の無駄遣いになりました。
    ケージの目合い、隙間に基準があるという事は、進入の可能性を知っていた、という事に他なりませんが、基準を作っただけで、チェックもされず、いざ調べてみたら、62箇所も、基準外があったなんて、開いた口も、金網の隙間も、ふさがりやしません。

  2. たじまもり より:

    馴化ケージにアイガモが入れられていたことが気になりますね。
    http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/8127.html
    スケープゴートのはずのアイガモがやられず、トキがやられてしまったのは大きな誤算だったのかな…

  3. 粗忽鷲 より:

    おお・アイガモは簡単だから後でゆっくり…と思ったのかしら?
    餌になりうる状況下であらゆる事を考えなくてはいけませんよね。
    テンのしなやかで、優れた能力を知らなかった。とか、テンを捕獲しても駆除しないでしょうね。まさか!!

  4. あーる より:

    私も人災と思いました。
    一事が万事、仕事に対する熱意や愛情が足りないんだと思います。だからアホなミスをする。
    税金からお給料いただいてる人達の起こす、この手のニュースが続きますね。
    しかしテン、凄腕。

  5. クワ より:

    ニワトリみたいに育てられたトキ、テンには大ご馳走 !

  6. 北割 より:

    お粗末な結果です、鳥のことしか目が行っていないことの現れですね。
    トキを自然に帰すための訓練とは名ばかり、否、飼育員が訓練になったことでしょう。
    更に、その後がいけない、ニュースですと近く佐渡を訪れる鳥の専門家に解決策を相談するとコメントしていたようです、同じことが又起こります、今度は何が進入してくるのかな?

  7. 北の狩人 より:

    gakuさんのおっしゃるとおりですね。
    こちらでもエゾクロテンの亜種でスステン(種類については自信が無い)がアチコチの納屋などに入って悪さをしている様です。
    それにしても、こんな写真を撮って見たい物です。

  8. 一連のテンの写真気合が入ってますね。
    組み方も一冊の本ができそうなくらい。

  9. ぴらちゃん より:

    私も人災だと思った。
    イタチやテンが鶏を狙うのは普通のこと。
    たまたま朱鷺だったから騒ぎになっただけ。
    合鴨が警戒して鳴いていた声が録音されていたと言うが、朱鷺はどうだったんだ?

  10. はちべえ より:

    イタチもキツネも、穴掘り名人ですぞっ!地面とフェンスの境界部分をキョウカイッテ(今日帰って)見ておいた方が良いと思います。

  11. ブリスパ より:

    gakuさんに、言われるまでも無く、
    「テン」を悪者扱いする人間がおかしいのですが。
    一般人の思いが知りたい。
    今回の件で「テン」という動物は物凄く、
    悪い動物だなあ、と思った人は、どれぐらいおられるか。

  12. はちべえ より:

    「すりこみ」という言葉があります。
    テンを見たことも無ければ、どんな容姿で、どんな動物か知らない人がこれらの報道記事を読んだならば、非常に獰猛で攻撃的な猛獣のイメージを植えつけてしまうかもしれませんね。確かにヒグマが居ない本州においては肉食獣として頂点に君臨するレベルの哺乳動物です。今回時を襲ったことについては、「生きていくための捕食」という自然の摂理の中での普通の出来事です。人間が焼肉屋へ行って「骨付きカルビ」を注文して食べるのと同じことだと思いますよ。報道するならきちんと報道して欲しいというのが私の思いです。テンとはどういう生き物なのか、しっかり解説することも必要だと思います。また、トキの飼育施設についても、その土地にどのような生物がすんでいるかはわかっていたと思いますので、しっかりした対策を取っていなかった事が今回の悲劇を招いたと思います。そういったことから、色々な配慮や対策はされていたとは思いますが・・足りなかったわけですから・・やはり人災であった言えると思います。

  13. はちべえ より:

    誤変換してしまいました。
    誤:「今回時を襲ったことについては」
    正:「今回朱鷺を襲ったことについては」
    でした、失礼致しました。

  14. amitake より:

    62箇所も穴があったって、造ったときからでしょう。
    何のために金網を張るのか解っていれば起こりえないはず。
    人災以外ありませんね。

  15. 小坊主 より:

    その後の調査でも、どんどん、穴が見つかって、203ヶ所になりました。もう、ザル同然ですね。
    しかも、去年、別のケージ内(当時は、空)で、テンが捕獲されていたのに、それが、何の教訓にもなっていなかった事も、バレてしまいました。もう、どうしようもないほどの、人災ですね。

  16. gaku より:

    あーるさんが、いいことおっしゃってますが、そのとおりだと思います。
    2年前に佐渡のトキ施設を見学しましたが、施設費などに、費やされている税金は半端なものではありません。
    そこに従事する人件費や維持費などを含めれば、死んだトキには1羽一億円以上の経費がかかっているハズです。
    一夜にして、9億円のムダ遣い。
    今回の事件をうけて、24時間の監視体制に入ったというけれど、夜勤手当も当然アップでしょうね?
    施設の周辺には、たくさんのワナも仕掛けられて、キツネやタヌキやテンも内密でどんどん殺されていく…
    生物多様性保全からスタートしたハズのトキ事業ですが、まさに、真逆をいくのではないでしょうか。

  17. はいむるぶし より:

    お久しぶりです。このニュースを聞いてまず思ったのが、動物に関しては専門家がついているのに、こんなことも想像が出来なかった?の?って感じでした^^信じられない^^あっ先日ある医者の本読んでたら、驚いた!!です。知ったお方の名前が活字で見るのはすごいインパクトです^^びっくりびっくり^^主治医だったんですね^^

  18. gaku より:

    ■はいむるぶし さん
    その医者ですが、ブログをはじめましたので見てやってください。
    あまりにも多忙でいつ「なげださない」か心配している、ところです。