山岳遭難救助ヘリコプターは無料なの…?


「ロロロロロロロロ・・・・・・・」
仕事場で原稿を書いていたら、上空にエンジン音。
あれは、たしかにヘリコプターの音だ。
しかも、あの小さなエンジン音は長野県警の「やまびこ」号にちがいない。
また、中央アルプスで遭難者が出たのだろう。
仕事場から直線で400mほどのグラウンドに、ヘリコプターは降りる。
そこには、すでにパトカーと救急車が待機している。
そのヘリコプターの着陸を誘導するのは、オイラの友達。
県警のヘリコプターが出動するたびに、彼は呼び出されてグランドにかけつける。
そして、吹流しを立て、オレンジ色のベストを着て、ヘリコプターを誘導する。
そんなことを知っているから、彼の仕事中の写真がないといっているので撮影に出かけた。
オイラも仕事中だというのに、ちょうどいい気晴らしになるから、ヘリコプター見物なのさ。
まあ、彼の邪魔をしないように、グラウンドの片隅で着陸して遭難者を下ろして帰るヘリコプターを見守った。
その手際のよさは、10分ほどで終了して、ヘリコもパトカーも救急車もクランドを去る。

そのあとに、友人はひとり黙々と吹流しなどの後片付けをして、彼も帰る。
そんな彼とハナシをすれば、中央アルプスを指差して、
「あの前岳の下に3本の沢があるけれど、あの真ん中を沢登りしていて、転落したらしい。
 頭は血だらけだけど、生命はあるようだ。
 それにしても、中高年の沢登りがブームらしいけれど、埼玉県の防災ヘリコ墜落事故もあるから、まさに危険な救助作業には変わりない…、よ。」
で、この費用はどうするんだろうね、と訪ねたら、
「長野県警察のやっていることだから、たぶん無料なんじゃあないのか、な?」
こうして、遊びのスポーツ事故に税金を使わなければならないのかと思うと、オイラには割り切れない思いがした。
そして、もし、救助に失敗してヘリコでも墜落すれば、機材費だって長野県民の税金で再購入ということになるのだろう…?
なんだか、現代人は生きていることも他人まかせのような気がしてならない。
個人の自己責任というものは、とっくの昔に忘れ物をしてしまったのだろうか?
写真:
1)吹流し(緑矢印)を立て、彼はグランドでヘリコを誘導する(赤矢印)。
2)矢印の沢で、遭難発生。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

山岳遭難救助ヘリコプターは無料なの…? への5件のコメント

  1. 小坊主 より:

    警察活動を有償にするのは、中々、難しいでしょうね。
    しかし、民間人が参加した場合、その費用は、お上からは出ないので、遭難者が払わない限り、救助隊の持ち出しになってしまうと聞きます。
    遭難保険(救助保険)がありますから、山に入る人は、保険を掛けるくらいの心構えが、欲しいところです。
    救助されてから、「頼んだ覚えは無い」とか、「ボランティアがタダなのは、当たり前だ」などとうそぶく、モンスター遭難者がいると聞きますと、世も末だと思います。

  2. ユタ より:

    私は沢登りはしませんが、山登りはします。ヘリコプター、遭難捜索費用が付いた保険に加入しています。一緒に登る人にも必ず保険に加入するよう云っています。
    しかし登山者の中には無保険の人が居ると思います。これはモラルの問題なので啓蒙活動が必要でしょうね。

  3. まみごん より:

    今はどうか分かりませんが、昔、岐阜県と富山県の遭難捜索ヘリは無料だと聞きました。
    なので、そのコトを知ってる登山者は、有料の県?の山から移動して、岐阜或いは富山県側の山までたどりついてヘリを要請するとか。しかし、移動できる位ならヘリを呼ばないかな?いずれにしても、救助側も命がけで救助に向かっているという事を、登山者ももっと考えなくてはいけませんね。

  4. C-NA より:

    先日いくつかの滝を見ながら沢沿いの山道を歩きましたが中高年のグループで沢登りのトレーニングをしていました。
    暑い日で彼らと平行に歩いた私たちは汗だくで彼らは涼しげ・・・楽しそうでしたが命がけのアソビですね。伊吹山には断崖絶壁のすれすれのところにカメラを置いてイヌワシの撮影をするバーダーもたくさんいます。
    もちろん立ち入り禁止の看板は立ててあります。希少植物の自生地でもあり・・。無謀な遊びやマナーの悪さによる事故は自己責任では済まないところが理解できていないようです。

  5. gaku より:

    ■小坊主 さん
    ■まみごん さん
    県警のヘリコの動きはほんとうにすばやいです。
    よく訓練されていると思いますが、現場では何が起きるかわかりませんので、遭難者より訓練された救助人の保護をつい考えてしまいます。
    ■ユタ さん
    啓蒙啓発活動は必要ですね。
    その意味でも、このブログも役立っていけば…、いいのですが。
    ■C-NA さん
    >伊吹山には断崖絶壁のすれすれのところにカメラを置いてイヌワシの撮影をするバーダーもたくさんいます。
    ポリシーのないバーダーには困りもの、ですね。
    こういうヒトたちと、一緒にはなりたくないです。