ドブネズミ大量捕獲作戦にむけて


ニワトリ小屋に、かねてからドブネズミが大量に出没中だった。
100匹以上と、あまりにも多いものだから、なんとか退治しようと考えていた。
1匹や2匹をネズミ捕りで捕まえていても、効率が悪いし必ず学習して捕まらなくなることはわかっていたので、このような捕獲方法は諦めていた。
そこで、考えついたのが「大量捕獲装置」。
一度に、10匹以上は捕まえられないだろうか?
それでなければ、ネズミたちを退治できない。
いわば、大きなネズミ檻なのである。
木枠にバーベキュー網を張って、捕獲したネズミをどう処理するかまでを考えた手づくり檻であるが、ここにはハイテク装置が施されている。
ネズミたちが大量に入ったところで、スイッチが入り、扉を閉めて中に閉じ込めてしまうというものだ。
このため、ゆっくりしっかり準備をして、データをとることにした。
まずは、檻に慣らすために一ヶ月。
ネズミたちは、この檻が安全だと全員が悟らなければならない。
そのうえで、大勢が活発に動くのはいつごろなのかを知るために、無人撮影装置で出入りをチェック。
こうして、データがそろったところで決行となるからだ。

昨夜のデータでは、深夜から明け方にかけてネズミたちは活発に行動していることがわかった。
なので、捕獲決行は、あと1週間後くらいになりそう。
何回かこんな方法で繰り返せば、ネズミをかなり減らせることは可能だと考えているのだが、はたしてネズミはなかなかに賢いから勝負はいかに。
と、まあ、ネズミ相手に遊びながら真剣になるのも、これらのアイデアが次なる野生動物たちへの対処や応用に必ず役に立つとオイラは信じているからだ。

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

ドブネズミ大量捕獲作戦にむけて への2件のコメント

  1. そらとびねこ より:

    ねずみ退治に猫の放し飼いって効果はないんでしょうか?
    東京の自宅でも冬になると天井裏にネズミが来て運動会してましたが。
    猫を天井裏に上げればよかったのかもしれませんが、ネズミを部屋に持ってこられるのが嫌でしませんでした。
    向かいの大家さんの畑のネズミをよく捕ってきては、いたぶったり食べたりしています。生き餌に目のないこが居ましてね。

  2. gaku より:

    ■そらとびねこ さん
    ネコにも個性があって、ネズミに興味のないものもいますね。
    また、とてもよくネズミを捕るネコもいます。
    新宿三丁目にいるキジトラ君は、それはそれは見事にドブネズミを狩ってビルの隙間に積み上げておりました。
    そんなネコなら、我が家の鶏小屋ネズミもいなくなるのでしょうが…。