週刊文春に池澤夏樹さんがコメントを…


昨夜は、仕事場の「むささび荘」に泊まって朝起きたら電話がなった。
「となりのツキノワグマ」を編集してくれた編集者からだった。
「今日発売の「週刊文春」に、作家の池澤夏樹さんが「となりのツキノワグマ」に対してコメントしてるよ、
 さすがに一流作家は違いますね、ちゃんと見ているところはみているんだから、
 宮崎さんの意図しているところをしっかりフォローしてますよ」
朝食を済ませて、いちばん近くのコンビニまで車を走らせて「週刊文春」を買ってきた。
なるほど、オイラがやっていることをしっかり読み解いてくれてある。
さすが、池澤さんである。
この「となりのツキノワグマ」で、60冊目の著作物となるが、どんな本にも1冊ずつオイラはメッセージを込めてある。
だから、そのメッセージをしっかり受け止めてもらえることが作者としていちばんうれしい。
まさに、無反応な読者も多いけれど、オイラのメッセージをきちんと理解してくれて、それなりの反応を一人でも返してくれることが何よりも励みになる、というものだ。

週刊文春の記事がどんな内容かは、ぜひ週刊文春を買って読んでもらえれば分かるけれど、池澤夏樹さんには心から感謝申し上げたい。
ツキノワグマは、本当につかみ所のない「能」のような動物である。
いまだに、夢中になれる動物だ。
だから、魅力的なのであって、これからもまだまだツキノワグマの写真は撮っていくつもりだ。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

週刊文春に池澤夏樹さんがコメントを… への10件のコメント

  1. take1 より:

    Fridayに引き続き、今度は週刊文春に掲載ですか!!
    大御所gakuさんと言えど、こういった反響は良いエネルギー源になるのではないでしょうか。
    おめでとうございます。
    今、人間の身辺を脅かす野生動物のニュースが引っ切り無しですが、時として、180度間違った情報も流れていたりします。
    観察はしないが、自分の「推理」と「想像」に自信がある学者が多過ぎるからだと思います。
    これからも野太いフィールド・ワークを期待しております。

  2. あーる より:

    ツキノワグマは「能」なのですか?
    うーむ、アカマツはあるし、
    舞台はできているんだな。
    でも、来て欲しくない役者ではあるな。。。

  3. gaku より:

    ■take1 さん
    >観察はしないが、自分の「推理」と「想像」に自信がある学者が多過ぎるからだと思います。
    日本の野生動物をきちんとできていれば、生態写真だってたくさん出てきてもいいと思います。
    タヌキやキツネにしても、日本の哺乳動物でクオリティーの高い写真はありませんね。
    プロもアマも含めて、それだけ自然を表面的にしかつかんでないからだと思います。
    撮影の基本は、タヌキもツキノワグマもまったく同じなんですが、ね!
    ■あーる さん
    熊は、「能」ですよ。
    ほんとうに、つかみどこがありません。
    顔だって、見る角度によっては怒っていたり、優しかったり…
    でも、それだけに、何考えているかもわからない動物。。
    オイラも、玄関先までは熊に来て欲しくないですね。

  4. 小坊主 より:

    文春、読みました。
    現場に出ずに、想像や推理だけでものを言う「専門家」や「学者」の弊害に対する鋭い切り口とともに、ツキノワグマの写真を見ていると、「可愛くて仕方がない」という感想の対比が、面白いと思いました。

  5. ほた より:

    池澤さん、ジオグラの最近号で「大雪山」をルポしていますね。
    写真は清水武男さん。空撮の紅葉がみごとです。
    池澤さんは、その写真を意識してか、鳥瞰で自然を語っています・・・・

  6. take1 より:

    本日の巷のクマ情報です。
    17:30頃、某N〇Kですが…
    今日は「日本ツキノワグマ研究所」の米〇理事長が出ておられました。
    里クマ出現は、やはり餌不足とのこと。
    NHK側は、もう少し突っ込んで、
    「では、なぜ餌不足になったか?」
    異常気象が原因ではないか、と言ってました。

  7. gaku より:

    ■ほた さん
    俯瞰、鳥瞰は大切なことですよ。
    ■take1 さん
    そうですか、某番組は見てませんが、そのヒトは昨日の朝日新聞にもコメントしてましたね。
    「2008年は子熊の出産ラッシュだったから、それがいま出てきているのだ…」、と。
    餌不足なら、子熊も流産して受胎しないハズですから、発言に大きな矛盾がありますね。
    「増えている」ことをどうしても認められないのが面白すぎて、オイラはいろんな学者や専門家のコメントも収集しながら5年後にどう変化するかを研究してみようと思っています。

  8. はいむるぶし より:

    16日の朝日新聞の天風録にがくさんのことが載っててびっくり~!!切り抜きました!!

  9. はいむるぶし より:

    ごめんなさい。朝日新聞天声人語でした!熊さんにはかわいそうだけど、駆除していただいて。。。。安心して山のぼりや遊歩道など散歩したいです。でも絶滅危惧種の指定を受けている(知らなかった^^)熊を駆除と言うだけで、犯罪者扱いだろーな。。。~~;

  10. gaku より:

    ■はいむるぶし さん
    >16日の朝日新聞の天風録に
    朝日新聞は、「天声人語」ですね?
    そこには、載ってましたが。