ツキノワグマたちの出没サイン…?


先週末は、中央高速道路を首都圏まで走った。
山梨県の笹子トンネルを通ったのは午後3時頃。
この時間帯に、ここを通ることは少ないので、「今日はチャンスがあるかな?」と期待を込めた。
何を期待したかというと、この笹子トンネルを抜けたところにクマの道路標識があるのだ。
その標識の撮影をしたい、ということなのである。
高速道路でのツキノワグマの道路標識は、とにかく貴重品。
中国自動車道の島根に1つ、東北自動車道の仙台から上に2箇所ほど、あと八戸道に2箇所ほどあって、中央道をいれてオイラの知る限りでは全国にこの4つしかない、からだ。
中央道以外の3つはすでに撮影済みだが、中央道では何回も通過しているが、夜間だったり、交通量が多かったりして、ここ5年ほど撮影チャンスを逸してしまっていた。

ちょうど運転手付きだし、バックミラーで後続車を確認すれば、まったくついてきてない。
やはり、今日がチャンスだ。
カメラはニコンD300。
レンズはシグマ17-70mm。
カメラのISOを3200にあげて、ピントはマニュアル。
絞りをf11にして、絞り優先オート。
シャッター速度は1/1000秒以上で切れるハズだから、走行中の車からの手ぶれはかなり軽減されるハズだ。
やがて、80.6kmポストに差しかかり標識が見えてきた。
運転手に後続車の無いことを確認してもらって、若干速度をゆるめてもらい、オイラは助手席から秒5コマの連写でバシャバシャバシャ…。
こうして、中央高速道の「クマ標識」をやっと撮影することができた。
最近の高速道路での標識といえば、シカが圧倒的にふえてきている。
しかし、ツキノワグマは非常に少ない。
そこで、ちょっと気になってNEXCO中日本に電話をかけて聞いてみた。
「クマの標識付近では、過去に車との接触など事故があったから設置してあるのでしょうか?」
「いや、そういうことではないと思いますが、過去にクマがうずくまっていた目撃情報はあったようです…
 古いことなので、事故があったとか、こちらでもあまりよく分からない、のですよ」
ということで、面倒くさそうで、要領を得ない若い職員の返答だったが、高速道路にツキノワグマの標識がある付近はどこに熊がでてきてもおかしくない場所だった。
周辺の地形をオイラがみれば、まさに「となりのツキノワグマ」状態だと言える。

帰路は、上り線が大渋滞をしていた。
談合坂SS付近でも三車線が車でいっぱいとなり、そのまま首都圏までつながっていた。
渋滞の背景には奥多摩につながる山々が広がっていたが、その山の深さ険しさを見ただけでもツキノワグマの高密度生息がうかがえる。
こんなところで、熊の生息密度を調べれば思いのほかたくさんツキノワグマが出てくることだろうな、と思った。
そのくらい、高速道路からでも日本中の山野の豊かな自然度を計ることはできるからである。
写真:
1)中央道笹子トンネルを抜けるとすぐに見えてくるクマの標識。
2)左上が東北自動車道、左下が八戸道、右上が中央道、右下が中国自動車道。それぞれに、みんなデザインも違っている。
3)中央道談合坂付近からつづく奥山には、いったいどれほどの数のツキノワグマが潜んでいることだろう。とにかくすざましく生息しているとオイラは見ている。

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

ツキノワグマたちの出没サイン…? への8件のコメント

  1. akke より:

    情報です。
    高速道に設置したクマの標識は、秋田自動車道にもありますよ。(3カ所は確認、能代市2、大仙市)。
    また、秋田県内の高速道では最近、ツキノワグマと車の衝突が、9月5日(東北自動車道、鹿角IC付近)と10月10日(日本海東北自動車道、秋田市下浜)ありました。
    秋田県内の高速道は短いですが、その高速道でも今年は、クマを目撃したとして警察に届けたのは、10月15日までに25件(総数414件)ありました(県警のHP)。
    クマ、かなりいますね。

  2. gaku より:

    ■akke さん
    >秋田自動車道にもありますよ。
    あぢゃー、秋田にありますか?
    そのうちに、出かけなければなりませんね。
    このブログをきっかけにして、NEXCOがあちこちクマ標識を乱立したら困っちゃうなぁー、デス。

  3. プロキオン より:

    以前、アニマの頃からファンですと自己紹介したものです。
    中央道のこの標識ですが、この箇所そのものかは分かりませんが、この辺りでは熊が交通事故にあっています。今から15年くらい前に遡るはずです。
    山梨県の環境科学研究所からの依頼で、石和にある東部家畜保健衛生所で、その熊の解剖をしたことがあると当時の所長さんからお聞きしています。熊の死骸を回収して石和に戻る途中で、どうも何か臭うということで、乗車していた者達が酔っ払いそうになるくらいだったと。解剖してみると、おなかの中はブドウでいっぱいでそれが発酵を始めてしまっていたのが原因だったそうです。あのあたりのブドウというと、巨峰という可能性も高く、ずいぶん贅沢な熊だなとみなで話したそうです。

  4. gaku より:

    ■プロキオン さん
    貴重な情報をありがとうございます。
    やっぱり、ツキノワグマの事故があったんですね。
    東北自動車道だけは、平野で人家のあるあたりだったので、今後それらの確認もしてみたいと思います。
    それにしても、その事故クマだけど、巨峰を食べて酔っぱらいにちかい状態だった可能性はありますね。
    クマ標識ですが、大月ICへ本線から出るところにもひとつあるんです。
    次回は、それに挑戦してみたい、です。

  5. プロキオン より:

    私は甲府市に住んでおりますが、市から自治会を介して回ってきた回覧によりますと、今年は市内で18回ほど熊が目撃されているそうです。市北部の小松山(ハチクマがいるらしいです)や湯村山から昇仙峡にかけての目撃例なのですが、湯村では湯村温泉郷の旅館街のすぐ傍でのことのようです。
    ちょうど熊の出没が気にかかっていたところだったので、こちらに伺がわせていただいたというわけです。「となりのツキノワグマ」さっそく注文しました。

  6. gaku より:

    ■プロキオン さん
    >甲府市に住んでおりますが、
    甲府でしたか、甲府はまさかというところにも熊はでてきています。
    近所にボクが住んでいれば撮影して証拠をみせてあげたいところですが、撮影は地元の人に頑張ってもらいましょう。
    甲府の「蓬莱軒」には、ときどき行きます。
    17日の日曜日にも夜あそこで「支那そば」たべてきました。。

  7. yamanao999 より:

    初めまして。
    いつも先生のブログや書籍から貴重な知恵をいただいております。
    看板情報です。
    昨日、久しぶりに福井の金津から金沢方面へ高速に乗ったのですが、この金津から加賀にぬける途中に新しくクマ注意看板が設置されていました。僕も初見で夜間でしたので、撮影のチャンスを逃してしまいました。。また、事故ですが、金沢の不動寺SA付近で1頭、加賀の大聖寺の線路で1頭転がっていた様です。まさに、石川県と福井県は「となりのツキノワグマ」状態であり、一部では「あなたのお庭のツキノワグマ」状態でした。先生の出版した「となりのツキノワグマ」やブログのおかげでたくさんの貴重な知識を得る機会があったからこそ、これまで以上に見えるものが増えました。
    このブログと「となりのツキノワグマ」をきっかけに、設置されたひとつかもしれません。敦賀などからの帰路の際に、機会がおありでしたらぜひ看板撮影を狙って下さい。
    これからもたくさんの本やブログ記事を楽しみにしております。

  8. gaku より:

    ■yamanao999 さん
    はじめまして。
    新しい情報をありがとうございました。
    ツキノワグマの標識は、これからまだまだ増えていくことでしょう。
    北陸自動車道にも、そのうちに撮影に出かけることにいたします。