イノシシ捕まる…


ある町外れの山際に設置してあるイノシシ檻に、小型のイノシシが捕まっていた。
大きさは、12~15kgの紀州犬くらいだろうか?
小さいけれど、子供ではなさそうだ。
「ヒハツ」という、個体である。
ヒハツとは、非発育不全という字を当てはめればよい。
頭はすでに大人だが、身体はまだコドモ。
多分、小さいときに母親とはぐれてしまった可能性がある。
しかも、このイノシシは「カイセン」にかかっている。
毛が抜けて、しわしわの皮膚が丸見えである。
まさに、疥癬症の症状そのまんまだ。
こういうイノシシは、猟師も嫌がるから、肉としては必要とされない。
かといって、再び野生に戻れるワケでもない。
殺されて、埋められる運命となろう。
こんなイノシシでも、檻のなかからオイラに向かって何回も突進してきた。
そして、檻のメッシュから鼻を出して噛みつこうともしてきた。
だから、たとえ檻に入っていても、ある程度の距離を稼いで撮影などしないと、油断すれば手の一本も噛み砕かれてしまう。
そのくらい破壊力があるから、野生動物をあなどってはならない。
このような、イノシシ檻がオイラのフィールドには10数基みられる。
狩猟免許をもっている人が合法的に設置しているのだから、いろいろいうつもりはないが、これらの檻をオイラはさりげなく観察させてもらっている。
もちろん、檻を設置している猟師とは面識もないが、観察させてもらうことは自由だろう。
ようするに、内緒で見回らせてもらっているのだが、この檻にだってツキノワグマが入っていることもある。
タヌキやハクビシンも捕まることだって、ある。
これらの動物がその後どうなったかまでは聞く必要もないし、オイラは知らない。
ただ、こうして、定期的に何年も見回ることで、オイラなりにいくつかの推論がたつから観察させてもらっているのである。
だって、檻こそ動かぬ定点捕獲装置だから、どんな動物が生息しているのか知ることができるし、つぎにどのような野生の動きにつながっていくかまで見守ることもできるからだ。
これこそ、自然界を語る大きなテーマにもなるし、最大のヒントにもなるからである。
こうした観察を通していえることは、どんなに捕獲されても、野生動物はちっとも減らないということだろう。
そこに、オイラは、最大の興味があるからである。

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

イノシシ捕まる… への6件のコメント

  1. しらとり より:

    この前うちのお客様で豊田の藤岡に住んでいる人が「ツキノワグマよりイノシシのが怖いと隣人に言われた。」と言っていました。その方は藤岡に引っ越したのが3・4年まえでちょうど猿投で熊が出た頃でした。藤岡でも岐阜との県境の方で野生動物がたくさん出るそうです。熊もイノシシも出会ってしまえば危険度は変らないですね。ところで以前うり坊を飼育した事があるのですが、非常に良くなれて自転車で通勤する僕の自転車の音をかなり遠くから聞き分けて甘えて鳴声を上げていました。野生動物の能力はすごい と実感させられました。

  2. gaku より:

    ■しらとり さん
    >ツキノワグマよりイノシシのが怖いと
    そうです、ここ数年イノシシによる人間の死亡事故も多いですね。
    イノシシの牙はすごい破壊力がありますから、ダメージもそれだけ大きいということです。

  3. take1 より:

    15年前ぐらいですが、島根県立松江農林高校すぐ近くに、「シシ・ラーメン」を食わせてくれる、ラーメン「小屋」があって、結構通っていました。
    少しだけ「ぬるっ」とした、あの獣っぽさが好きでした。
    静岡では、たまに飼われているシシに会います。

  4. gaku より:

    ■take1 さん
    猪ラーメン、なんだかニオイそう。
    どうやって、臭みを消していたのか、な?

  5. oikawa より:

    >、どんなに捕獲されても、野生動物はちっとも減らないということだろう。
    何でかは、解りませんが、単位面積当たりの個体数は決まっているんでしょうね。増えすぎるとストップしたり、減ると増える。当たり前ですが、すごいことだと思います。魚のブリーダーをしてましたが、必要以上に個体数が多いと繁殖しないことが多いです。中には生殖腺も発達しない種類の魚もいます。あと面白いのが、十分に餌を与えないで育った魚が体が小さいくせに意外と婚姻色は強く出て種親に使いやすいこともあります。なんか解りませんが、上手く抑制、促成が出来ているような気がします。

  6. gaku より:

    ■oikawa さん
    >必要以上に個体数が多いと繁殖しないことが多いです。中には生殖腺も発達しない種類の魚もいます。
    なんだか現代社会の人間の♂みたいですね。
    草食系…、ってのも、そのようなことが当てはまるのでしょうか?
    精子が極端に少なくなってきている、というし。