縁起


南アルプス山麓の藪林に、ニホンジカの右角が落ちていた。
このカルシュウムの塊は、野ネズミなどの小動物を元気にする。
野ネズミたちはお返しに、土中のバクテリアを勇気づける。
バクテリアたちは、土壌整備をして再びシカに返す。
この輪廻を仏教では、「縁起」というらしい。
長野県伊那谷にて。
OLYMPUS E-1  SIGMA 8mm

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。