カテゴリー別アーカイブ: 環境・ゴミ・現代社会

美しいだけが写真じゃない

秋以降、仕事場である「むささび荘」にノネズミが侵入するようになった。 ヒメネズミとアカネズミ。 どちらも、山野には普通にいるノネズミたちだ。 ヒメネズミは木登りが得意だから侵入も理解できたが、アカネズミまでも一緒になって … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 5件のコメント

キャベツの天敵…

5本ばかり、キャベツ苗を植えた。 そろそろ、芯玉ができるころになってきたところで、アオムシがいちばんいいところをむしゃむしゃ食べはじめた。 そして、これから玉になっていくであろう新鮮な若芽のあたりがウンコだらけ。 殺虫剤 … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 13件のコメント

シラガダイジャの大発生…

わが家はいま、シラガダイジャ(白髪大蛇)に占拠されている。 シラガダイジャとは、クスサンの幼虫で信州伊那谷の呼び名。 シラガタロウとか、シラガダイジンと呼ぶところもあるが、とにかく白い毛があって親指くらいに太くて10cm … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 5件のコメント

今年の冬は早いか厳しいか?

2週間ほど前から、カメムシの動きが活発化してきた。 山麓の林のなかにある仕事場である「むささび荘」には、毎年たくさんのカメムシが侵入してきて越冬していく。 あのカメムシの「屁」の臭いには辟易しているけれども、毎年のことだ … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 9件のコメント

地バチが大豊作

今年は、とにかく地バチが大豊作の年のようだ。 地バチとは、クロスズメバチのことで、土中に巣をつくる蜂の一種。 これを、信州の伊那谷では珍味として食す習慣が昔から存在していた。 だから、大豊作の年にはみんなが喜ぶのである。 … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 7件のコメント

ヤマビルはやっかいな吸血魔

ニホンジカとイノシシの激増で、信州の南部地域ではヤマビルが増えている。 分布域が確実に広がっている、のである。 そんなヒルの撮影に、南アルプス山麓の村にでかけてみた。 ヤマビルだけを目的に出かけたのだが、ここのところの涼 … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 7件のコメント

クマゼミ前線

『シャワシャワシャワシャワシャワシャワシャワシャワシャワ…』 うん!! あの声は、クマゼミではないか!? 自宅のある伊那谷でクマゼミの声を聞くことは、まずないことである。 それなのに、ここ3日ばかり、同じ林で鳴いている。 … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 7件のコメント

アシナガバチの塩焼き

自宅の庇にアシナガバチの巣があった。 女王に働きバチの3匹家族。 このあとには、続々と兵隊が増えてきそうな巣だった。 玄関に近く、アシナガバチも刺されればけっこう痛いし危険だ。 そこで、巣もちょうど捕り頃だったので、幼虫 … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 2件のコメント

「昆虫酒場」が絶対に面白い…

24時間態勢で提供しているライブカメラの「昆虫酒場」。 http://www.owlet.net/18-camera/webindex.shtml とにかく、面白い。 夏ならではの昆虫たちのダイナミックなドラマがこんなに … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 2件のコメント

爆裂死の恐怖

雨上がりの近所の林の中で、カミキリムシの死体をみつけた。 死体の節々には、白いカビが生えていた。 死んでから分解のために、カビがはえたのだろうか? それとも、カビにとりつかれてそのまま死んでしまったのだろうか? 隣には白 … 続きを読む

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会 | 1件のコメント